生で食べる黄色いカボチャ♪『コリンキー』って知ってる?


道の駅などでよく見かける産地直売所。
休日に訪れたいドライブコースのひとつとして、人気が定着しています。

そんな産地直売所でこの頃、もともと日本にはなかった新しい野菜をよく見かけるようになりました。ズッキーニ、サボイ(やわらかキャベツ)、アーティチョーク、白いおナスに緑のおナス・・・まるでヨーロッパの市場みたいに珍しくてカラフル。お客さんの顔が見えることが励みになって、農家さんが勉強熱心になり、外国野菜のタネを取り寄せて、いろいろ試すようになったからなんだそうです。

「これ何?どうやって食べるの?」と、お客さんが新しい野菜に興味を持ってくれると、会話のきっかけになり話がはずむんだとか。だから、「色がキレイ、形が面白い、さらに美味しくて身体にもいい」なんて野菜はいつも注目の的!

そこで、今回は最近、直売所の一番人気となっているという珍しいお野菜をご紹介します。

そのお野菜はこちらです!corin01ころんとした形と鮮やかな黄色がチャームポイント。

その名も『コリンキー』!
(ポリンキーって言いたくなる)

コリンキーはカボチャの一種で、和・洋・中華・漬物と幅広く調理することができ、なおかつ生でも食べることができるお野菜です。
半分に割ると中はカボチャと同じタネの配置。

corin02

中のタネをスプーンでくり抜いてヘタを切り落としたら、あとはぜーんぶ!皮ごと食べられます。
肝心なお味ですが、さっぱり&そして淡い…瓜系の味。食感は、パリパリシャキシャキとしてキュウリみたいです。
色がキレイで風味も爽やかなので、スライサーでうすーく(皮ごと)切って、浅漬けや酢の物にすると食卓にとっても映えます。

corin03緑のキュウリ&赤のニンジンと一緒に漬けると、とてもカラフルな一品に。

別名『サラダカボチャ』とも言われていて、ドレッシングでサラダに、キムチの素でキムチ漬けに…と、どんな味付けにも合うんですよ!
産地直売所のほかにも、たまにスーパーで売られていたり(見つけたらラッキー?)、最近ではネット販売もされています。
(ちなみにネットで、種も販売されていました!)
corin04

謎のお野菜『コリンキー』。
間違って文字変換をすると「小臨機ー」と出てくるし、
♪「ポリンキー ポリンキー おいし〜さ〜の〜秘密はね〜」♪の歌が頭をよぎったりしますが、いま密かなブームになりつつあるようです。

家庭菜園をしている方は、変わり種お野菜として、ぜひ育ててみてはいかがですか?

 


2014-09-29 | Posted in いろいろ, グルメNo Comments » 

関連記事