遠く離れた場所から自分がいた場所を見てみること。


今週は『お盆休みでロングバケーションだぜ!yeahー!』という人が多いのではないでしょうか。
3連休以上のお休みって、ほんっとうにイイものですよね。(ウキウキ)

しかし今回は、『お盆休み』ということで、
■ハワイに行く
■家でゴロゴロしまくる
■え?仕事ですけど…

■実家に帰省する
という人が圧倒的に多い時期なんじゃないかなと思います。

なんだかんだ言っても、生まれ育った場所や街は、気持ちをホっとさせてくれますよね。

それを一番感じるのは、新幹線や飛行機を降り立った瞬間でしょうか。

軽めの深呼吸をして
「あぁ、やっぱり空気が違うわ…。」
と、ちょっと清々しい気持ちになってテンションが上がります。(10分後くらいには、空気の味が違うことなんて忘れてしまうんですが)

 

そんな帰省先で、いつも以上に気持ちを入れ替えるため
私がしていることがあります。(すべての人に有効ではないかもしれませんが、)今日はそれをご紹介してみようと思います。

 

それは、
『自分が働いている・住んでいる場所をリアルタイムで眺める』ということです。

IMG_6025

■ 東京タワーライブカメラ

地元に帰って、ほっとして。
友達に会って、話して飲んで。
美味しいものを食べて、笑って。
懐かしい場所に行って、ほろっとして。
なーんてことをしていると、「オラ、東京さ帰りたくねぇだー!」モードになってしまいます。

でも、そんな時
先ほどのライブカメラなどで、リアルタイムのあの街の今を見ていると
なんだか逆に懐かしくなったり、ちょっと愛おしく思えたりしてくるんです。

すると、ムクムクと「帰ってもがんばるか…(ちょっと前向きな感じのやつ)」という気持ちが芽生えてきたりします。(不思議なんですが)

googleで、「○○○(住んでいる都市名)ライブカメラ」で検索すると
たくさんのライブ映像サイトが出てきます。

地元を離れずに生活をしている人でも、例えば旅行先から自分の街のことをライブ映像越しに思い返してみるとか、行ったことのない土地のライブ映像を見て、旅行気分になるとか。
そういう事で、リフレッシュできたりもします。

ちょっと地味なイメージもあるけれど、ライブカメラは、写真とはまた違った角度から人の心を動かす、いろいろな可能性を秘めているメディアなんじゃないかなって思います。

もし良かったら、『遠く離れた場所から自分がいた場所を見てみること。』を、試してみてくださいね!

では、みなさま。よいお盆バケーションを!


2014-08-13 | Posted in いろいろNo Comments » 

関連記事